読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の自己暗示(メガガルはオワコン)

ポケモンの構築、育成記事です(予定)

【S3最高レート2002】SMレート2000童貞卒業構築・''ブラガラカグヤ''【願い事サイクル】

 

 おはようこんにちはこんばんはザクリッチです。サンムーンでのトレーナーネームはハーゲンダッです。

 この度サンムーンに入ってようやくレート2000を達成することができたので紹介します。

 

 使用パーティーはこちら。
f:id:watada0919:20170506111709j:image

アローラガラガラブラッキーの相性補完が良いのでは?ということに注目し、そのサイクルにテッカグヤを参加させることにより、崩されにくいサイクルパが完成しました。

相手のテッカグヤカプ・レヒレが無理です。1匹ならどうにかなるけど両方一気に出てくるとまじで無理です。あとリザXとかもゲロ重。 

 

【個体紹介】

 ガラガラ(アローラの姿)@太い骨

 
f:id:watada0919:20170507142349j:image

性格:腕白

特性:避雷針

 163(220)-110(76)-159(116)-x-112(92)-66(4)

フレアドライブ/シャドーボーン/骨ブーメラン/鬼火

 

このパーティーの主役。特殊受けのHDブラッキーと組ませる前提で作ったため、できるだけ物理を受けられるように腕白で育ててみた。火力は少し物足りなく感じるが、ガブをシャドーボーンで確2程度の火力。特殊耐久は特化テテフのサイキネ確定耐え。

大体の物理技は1発余裕を持って耐えるため、鬼火を入れて機能停止させる。パーティー単位で重い竜舞ギャラドスや殻を破るパルシェンによく刺さった。

後述の願い事ブラッキーとの相性がすこぶる良く、HPも低いため、死にかけても願い事で何度も復活できた。

パーティー単位で重いテッカグヤをまともに処理できるのがこいつくらいなため、願い事によるHP管理が重要。

 

 

ブラッキー@ 食べ残し


f:id:watada0919:20170507142401j:image

性格:穏やか

特性:シンクロ

 202(252)-x-130-x-200(252)-86(4)

イカサマ/毒々/願い事/守る

 

まさにパーティーの潤滑油。こいつがいないとこのパーティーが成り立たないMVPポケモン。特防に振り切ることで頭のおかしい特殊耐久を誇り、先に毒を入れてしまえば、カプ・テテフムーンフォースさえも守ると願い事で受け切ることができる。コケコマジカルシャインなんかは余裕で受けきれるため、むしろ役割対象である。

防御は無振りなため固くはないが、前述のガラガラで鬼火を入れることにより両受けが可能となる。

 

 

ジャローダ@草Z


f:id:watada0919:20170507142410j:image

性格:臆病

特性:天の邪鬼

150-x-115-127(252)-116(4)-180(252)

リーフストーム/めざめるパワー(岩)/挑発/蛇睨み

めざ岩個体だが面倒くさいので王冠を使っていない。(そこまで困ったことはない)

ギャラドスカプ・レヒレなどパーティーでクソ重いポケモンを一任させていた。しかしメガギャラドスには1舞氷の牙で乱数で飛ばされてしまうため苦しさはあった。

めざ岩は流行りのリザによく刺さりカバリザに強く出れた。

Z石が余っていたためなんとなく草Zを持たせたが、1度でもリフストを積草Zはとんでもない制圧力があった。しかもあまり読まれない。

挑発と草Zにより、フシギバナモロバレル

のいない受けループはこいつだけでボコボコにできた。

 

 

テッカグヤ@オボンの実


f:id:watada0919:20170507142417j:image

性格:生意気

特性:ビーストブースト

193(164)-128(52)-144(164)-136(68)-140(52)-73(8)

ヘビーボンバー/火炎放射/宿り木の種/守る

 

前述のガラガラ ブラッキーの補完ポケモンとして採用。普段は食べ残しを持たせていたがブラッキーが持ってるのでオボンを持たせた。 残飯が欲しくなったが、オボン消費後も宿り木やブラッキーの願い事によってゾンビできたためまぁまぁ強かった。相性補完は申し分ないが、''ブラガラ''と組ませるにはもっと適した調整や型があるように感じた。(テッカグヤ1匹しか持ってないからしゃーなし)

 

マンムー@気合いの襷


f:id:watada0919:20170507142429j:image

性格:陽気

特性:厚い脂肪

 185-182(252)-101(4)-x-80-145(252)

氷柱針/地震/ステルスロック/氷の礫

 

サイクルパなのでステロが欲しい。先制技持ちがいない。ガッサに強い奴がほしい。ドランが重い。連続技が欲しい。気づけば僕はマンムーを求めていた。本当にこいつが刺さらない環境はなく、安定の強さだった。

 

ボーマンダ@ボーマンダナイト


f:id:watada0919:20170507142438j:image

性格:陽気

特性:威嚇→スカイスキン

183(100)-180(196)-101(4)-x-102(12)-159(196)

捨て身タックル/地震/羽休め/龍の舞

 

メガ枠余ってる。バナが重い。ルカリオ重い。リザも重い。サイクル向きの奴がいいな。マンムー入れたら不思議とメガ枠にボーマンダが入ってくる法則。

メガルカリオ抜きまでSを伸ばし、速さ火力耐久を確保した。

スカイスキン弱体が気にならないレベルの強さだった。

 

【基本選出】

  1. ガラ,ブラ,カグヤ(+@)
  2. マンダ,マンム+@

これが刺さらない場合はケースバイケース。

 

【感想】

強いパーティーにはとことん強いというパーティーでした。しかし重いポケモンが多く無理なパーティーには初手降参の気分でした。

正直2000まで行けたのはだいぶ運が良かったように感じます。

2000到達後は1度1700台まで落ち込みましたが、ジャローダ,テッカグヤナットレイ,アシレーヌに、さらにボーマンダを両刀に代えたところかなり安定するパーティーになり、1900台後半まで回復しましたが諦めました(ブラガラカグヤとは)。ただしドヒドイデ入りのパーティーには選出画面時点で降参でした。

Z技の登場により、サイクルパはもう無理だと思っていましたが、最近サイクルパで結果を残す人が多く、僕も懲りずに使ってみたところ結果が出てよかったです。

来期は2100いきますそれではっ!!!!

【S2最高レート1998/最終18XX】SMレート2000童貞の双鮫構築

皆さんご無沙汰してます。ザクリッチです。サンムーンではハーゲンダッ(文字数)というTNでプレイしています。

マッチングした方も多いのではないでしょうか?

 

シーズン1では最高レートは1960くらいと奮わず、2000に届かなかったため構築記事は書きませんでした。そしてシーズン2では1998と、またしても2000には届きませんでしたが暇だったので書きました。

 
f:id:watada0919:20170317184702j:image

使用パーティーはこちらです。

最高レートから大幅にレートを落としてから「俺のパーティー先制技持ちいないのキツくね?」と思い、レヒレをアシレーヌに代えたところめちゃくちゃしっくりきたため、アシレーヌの方がいいと思います。

もう少し早めに気づいていれば、絶対にレート2000を達成できた。そう言えるでしょう。

 
f:id:watada0919:20170317195108j:image

対戦回数は、1度もレートリセットせずにいろいろなパーティーでとにかく潜っていたため参考にしないでください。このパーティーでは200戦くらいだったと思います。

ニトチャめざ氷リザY、めざ炎草Zゲッコウガとかが無理です。

 

【個体紹介】

サメハダー@サメハダナイト
f:id:watada0919:20170317193140j:image

性格:意地っ張り

特性:加速→頑丈顎

 

145-189(252)-60-x-61(4)-147(252)→145-211-90-x-86-157

 

噛み砕く/氷の牙/地震/守る

 

1加速していれば、流行りの新ポケであるコケコテテフ、化けの皮が剥がれたミミッキュを上からワンパンでき、またリザードンボーマンダガブリアスゲンガーバシャーモなどの前作から根強い使用率を誇るポケモン達にも強いということで採用。

前作よりも刺さりは良いように感じたが、メガ前のあまりの耐久のなさに、守るターンにZ技を♂ぶちこまれ♂出落ちするパターンが多々みられたため、環境的には追い風だがZ技が逆風である。相手パーティーにカプ・レヒレがいたら選出しづらい。ちなみにレヒレは後半めっちゃ流行ってた。選出率は4位くらい。

 

ガブリアス@気合いの襷
f:id:watada0919:20170317193237j:image

性格:陽気

特性:鮫肌

 

逆鱗/地震/岩石封じ/ステルスロック  

 

183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)

 

語ることなき主人公。環境にリザードンが溢れかえっており、海鮫と相性が良いということで採用された陸鮫。

ただ、マンムーのステロ展開からニトロチャージを積みめざ氷でガブリアスを処理にくるリザードンYが異常に多く、ガブ以外のリザの処理ルートが薄かったため非常にキツかった。しかし出せば仕事をする良ポケ。選出率は1位。

 

 

ナットレイ@残飯
f:id:watada0919:20170317193334j:image

性格:呑気

特性:鉄の刺

 

ジャイロボール /タネマシンガン/守る/宿り木の種

 

181(252)-116(12)-187(148)-x-148(92)-22【最遅】

 

サメハダーで辛いレヒレを相手するために採用。

また今作からカプ・テテフの登場により、パーティーにエスパー技とフェアリー技を受けられる枠が必須となった。しかしあのポケモンはしれっとした顔でめざ炎を放ってくる悪魔であった。一応サイキネ+めざ炎はほぼ耐えてくれるため交換読みされなければなんとかなった。

またガルーラの火力の弱体化により、炎技をかなり余裕を持って耐えられるようになったため、ガルーラとの対面で比較的安定して突っ張れるようになった。

しかしこのポケモンも本来役割対象としていたポケモンからの不意の†格闘Z†や守るターンに炎Zを♂ぶちこまれ♂たりすることが増えキツくはなった。

ミミッキュに対してはタネガンから入ることで皮を剥がして優位に立てた。

流行りのフェアリー勢に強めなため選出率は2位。

 

ウルガモス@炎Z
f:id:watada0919:20170317193441j:image

性格:控えめ

特性:炎の体

 

大文字/虫のさざめき/めざめるパワー(地)/蝶の舞

 

161(4)-x-85-204(252)-125-152(252)【めざ地個体王冠未使用】

 

最初はこの枠はバシャーモにしていたが、サンダーメガフシギバナが辛いため採用。

ヒードラン+カプ・ブルルのクソサイクルが多くウザかったためめざ地面で採用。

サメハダーを見るとレヒレが必ず出てくるので、虫のさざめきの枠はギガドレインにした方が良いと思うが、ORASで覚えさせるのを忘れていた。

1舞炎Zの火力には病みつきになった。選出率はサメハダーと同率4位くらい。

 

サンダー@達人の帯
f:id:watada0919:20170317193528j:image

性格:控えめ

特性:静電気

 

ボルトチェンジ/熱風/めざめるパワー(氷)/羽休め

 

197(252)-x-120(120)【個体値30】-165(36)-123(100)-120(4)

 

ボーマンダルカリオを止められ、レヒレテッカグヤ にも強く出れる枠として採用。

また後攻ボルチェンでミミッキュの皮を剥げるのもよかった。

僕の記事には何度か出てきているポケモンなため詳しくは説明しないが強い。

達人の帯で思った以上の火力が出るため、相手が眼鏡と勘違いした動きをしてくることが多々あった。選出率は3位。

 

 

カプ・レヒレ@オボンの実
f:id:watada0919:20170317193624j:image

性格:図太い

特性:ミストフィールド

 

ムーンフォース/波乗り/自然の怒り/挑発

 

175(236)-x-163(108)-116(4)-162(92)-114(68)

 

後にアシレーヌに代えられ、最初からアシレーヌ使っとけばよかったと思わせるポケモン。弱いわけではない。むしろ使いやすいと思うが、とにかく先制技が欲しかったし、自己再生覚えろや。

カバルドン展開の阻止役としては最強のポケモン

バシャーモがいれば基本選出していたが、草Zや電気Zで飛ばされてオワオワリすることが多かった。もうどう対処したらいいのかわからず僕はうちひしがれた。まだしばらくZ技には対応できそうにない。 選出率はサメハダーウルガモスと大差はないと思うがたぶん最下位。

 

アシレーヌ@オボンの実
f:id:watada0919:20170317194148j:image

性格:控えめ

特性:激流

 

うたかたのアリア/ムーンフォース/アンコール/アクアジェット

 

184(228)-84-114(156)-176(108)-137(4)-82(12)

 

前述の通り、レートが大暴落してからレヒレに代わって入れたポケモン。これがすごくパーティーにフィットした。もっと早く気がつけば君が僕をレート2000に連れていってくれt..

レヒレに比べれば耐久は心許ないが、火力があるしアクジェの存在がデカい。アンコールで起点回避もでき、本当に使い勝手がよかった。パーティーにくわえてから(十数戦)の選出率は1位。この間のサメハダー侍JAPANの平田外野手(中日ドラゴンズ)並みに出番がなかった。

 

【選出パターン】

  •  1.ガブ 2.サメ 3.ナット(基本選出)
  • 1.ガブ 2.ガモス 3.ナット(ガモスの通りが良い時)
  • 1.ガブ 2.サメ 3.ガモス(VS受けル)
  • 1.レヒレ(アシレ) 2.サンダー 3.ナット(サイクル)
  • その他ケースバイケース

 

【感想】

シーズン1,シーズン2と2期連続でレート2000を逃し、未だにサンムーンでは2000童貞でございます。シーズン3では必ず童貞卒業致します。

ORASのレート対戦はある程度対戦回数をこなせばレートも上がっていく印象でしたが、SMはなんといっても''レート差マッチング''がエグく、ただ対戦回数をこなしたところで200~400差のレート差マッチングは平気でするような状況だったためなかなかレートが上がらない印象を受けました。今後改善されるかはわかりませんが、個人的にはレート±150以上離れているとマッチングしないようにしてほしいところです。

そしてSMからの新要素として産まれた''Z技''。僕は未だに対応できずに苦戦しています。新要素としてはおもしろいと思うのですが、サブウエポンのZ技も考慮すると対応が追い付かず困っています。''Z技に適応されるのはタイプ一致の技だけ''とかになったらいいのに…といったところがSMシングルレートを2シーズンやってみた感想です。

 

ご意見やご感想、また「私の自慢のZ技対策」などございましたらTwitterアカウント→@pinogashiraまでお願いします。

 

ではまた!!

ORAS真実のラストシーズン最高レート2094/最終レート2005構築】フーディS振りマリ+ブラガルド 【†狐兎月剣占術†】

こんにちはザクリッチです。

前回でORASのレーティングバトルは終了だと思っていましたが、なんと幻のラストシーズンがまだ続いたため、今回が本当のORASシーズン最終記事になります。

最終シーズンにして、前回達成できなかったレート2000を達成できただけでなく自身最高レートも更新できたため割と満足です。

2100にもあと少しで手が届きそうでしたが、マッチング運の悪さから負けだしてからズルズルとレートを溶かしてしまいました。

 

使用パーティーはこちらです。



f:id:watada0919:20161101130129j:image

メガフーディンが使いたくて組んだパーティーです。辛いポケモンランキングは次の通り。

  1. メガクチート
  2. (メガ)ハッサム
  3.  メガバンギラス
  4. サンダー
  5. ヒート&ウォッシロトム

 このあたりです。特にメガクチートには後だしできるポケモンがほぼいないに等しいのでプレイングでカバーです。

 

最高レートは2094だったのですが、CAS中だったためキャプチャできておらず、証拠画像はその前に撮っていた2090が最高レートとなっています。
f:id:watada0919:20161031022341j:image
2094到達時は2100もこのまま行けると思ったためキャプチャしてませんでした。証拠になるかは怪しいですが一応CAS中のレートメモツイートを貼っておきます。一応。
f:id:watada0919:20161031022503j:image

どうせなら行きたかった2100。これはサンムーンにお預けです。

 

では構築を紹介していきましょう。

 

【個体紹介】

 
f:id:watada0919:20161031152816j:image

フーディン@フーディナイト

 

特性:マジックガード→トレース

 

性格:臆病

 

137(52)-x-91(204)-155-155-115-189(252)→137-x-111-195-115-222

 

サイコキネシス/†気合い玉†/アンコール/守る

 

ご存知メガ進化勢でなぜか唯一種族値が90しか上がらなかった悲しみを背負ったポケモン

普通の(?)BSメガフーディン

ガブの逆鱗を耐えたり、厚い脂肪トレースでマンムー地震+礫を耐えたり、威嚇トレースでメガクチの不意打ちを耐えたりいろいろ耐える。ちなみに気合い玉はメガクチートに6割くらい入る。チョッキバンギやHDバンギ以外は基本気合い玉1発で吹き飛ばせた。当てれば強い。当てれば。

圧倒的な素早さでほとんどのバシャーモは1加速では追い付けず、トレースで加速をパクれる。

ゲッコウガ対面で守ることで変幻自在をコピーでき、素早さも逆転できる。気合い玉を外しても格闘タイプになるので、悪波が半減になるのがおいしい。

トレース最強!避雷針トレース!貰い火トレース!そして†親子愛†トレース!不意打ちとの択に勝って気合い玉ぶち当てれば勝てる!最強!

不意打ちは守ってアンコールしてマリルリの起点にしてしまえ!

1番強いのは†悪戯心†をトレースしてアンコールボルトロス電磁波しか打てない体になります。

選出率は高いがギルガルドがいる時は選出を控えた方が良い。

〈役割対象〉毒タイプ、格闘タイプ全般、オニゴーリや悪戯心たち始めとする害悪全般、マンムーガブリアスメガガルーラバンギラスヒードラン、霊獣ボルトロスメガライボルトなどなど…その他サイキネと気合い玉が通るポケモンに対する削り全般。

 

 
f:id:watada0919:20161031152826j:image

マリルリ@オボンの実

 

特性:力持ち

 

性格:意地っ張り

 

192(132)-112(252)-101(4)-x-103(20)-83(100)

 

滝登り/じゃれつく/アクアジェット/腹太鼓

 

Hを削ってSに割いたマリルリ

パーティーで重いメガクチート意識で、12振りポリゴン2を抜けるまで振ることで、太鼓を叩いた後にポリゴン2に止められなくなり、メガクチートも上から滝登りで処理できる。はずだったが案外これよりもSに割いてるアイアンヘッドメガクチートが存在していて厳しい場面もあった。一応上述のメガフーディンの気合い玉+滝登りでメガクチートを処理することができる。

Sに振ることでマリルリミラーにも強くなり扱いやすかった。

この技構成ではナットレイに打点がないことが難点。 

〈役割対象〉メガマン,ドラミドロ以外のドラゴンタイプ全般。悪、地面、岩、炎タイプ全般。ガッサ以外の格闘タイプ全般。

削れたメガクチートマリルリミラーなど。

 

 
f:id:watada0919:20161031152836j:image

ブラッキー@ゴツゴツメット

 

特性:精神力

 

性格:図太い

 

202(252)-x-177(244)-x-150-87(12)

イカサマ/毒々/月の光/挑発

 

前シーズンはHDブラッキーを使っていたが今回はメガガルーラが重いのでHBブラッキー。 挑発から入ることで毒ガルドにも勝てるようになる。剣舞聖剣も赤で耐えるので、HDブラッキーよりも対ギルガルド性能は高い。

メガガルーラに関しては秘密の力ガルーラ が多く全く安定せず、後だしからはほぼ勝てなかった。秘密の力とグロウパンチはサンムーンで技マシンから消されているという噂もあり、さらにゴミカス特性親子愛の弱体化は確定。互換切りによる弱体化によってブラッキーで確実に勝てるようになるはず(願望)。特性をご存知ないのか岩雪崩を連打してくる沼ガルーラが意外と多かった。

〈役割対象〉ギルガルドメガガルーラゲッコウガマンムー 、ガブリアスポリゴン2メガボーマンダクレセリアカバルドンなど。

 


f:id:watada0919:20161031152857j:image

ギルガルド@ラムの実

 

特性:バトルスイッチ

 

性格:意地っ張り

 

159(188)-112(252)-170-x-170-89(68)

 

シャドークロー/聖なる剣/影うち/剣の舞

 

普通のラム剣舞ギルガルド

剣舞シャドクロを耐えるニンフィアもいたのでアイへも欲しいところただが、今回は通りの良いシャドクロを採用。

ニンフィアメガサナを相手できるのがこいつだけなのでだいぶ頑張ってくれた。

メガクチートに対しても不意打ちを上から影うちで交わしながら倒せたりもした。

〈役割対象〉ニンフィアメガサーナイトキノガッサゲンガーナットレイラティ兄妹、クレセリアヘラクロスメガルカリオ、イカサマのないポリゴン2、遅いバンギラスなど。

 


f:id:watada0919:20161031152909j:image

サンダー@達人の帯

 

特性:静電気

 

性格:控えめ

 

197(252)-x-120(120)-165(36)-123(100)-118

※S26めざ氷個体

 

 ボルトチェンジ/熱風/目覚めるパワー(氷)/羽休め

 

シーズン15で使用した静電気サンダーなので詳しくはシーズン15の記事をご覧ください。

このサンダー以外使ったことないので比較はわからないが、かなり使いやすいのでこの調整は流行ってもいいと思う。

今期はハッサムが体感かなり多かったため、ハッサムの処理を一任していて過労死していた。さらにSに振ったメガハッサムが流行っており、上から剣舞叩き落とすをされると厳しかった。重いメガクチートに対しての貴重な削り役でもあった(熱風低乱1)。

〈役割対象〉 ハッサムメガクチートナットレイギャラドスガブリアスメガボーマンダスイクンギルガルドファイアローランドロスなど

 

 
f:id:watada0919:20161031152921j:image

ガブリアス@気合いの襷

 

特性:鮫肌

 

性格:陽気

 

183-183(252)-116(4)-x-105-169(252)

 

逆鱗/地震/岩石封じ/ステルスロック   

 

まじで何も語ることはないポケモン

相手にリザードンウルガモスがいるときはほぼ絶対選出。

メガクチートに対してはいかにこいつのHPを不意打ち圏外に保っておくか、トリルに対してはいかに襷を残しておくプレイングが重要。

〈役割対象〉メガリザードンウルガモスファイアローメガクチートエンテイヒートロトム 、 ヒードラン、ドラゴンタイプ全般などなど。全てのポケモンの削り。

 

【基本選出】

  1. フーディマリブラ
  2. ガブフーディサンダ 
  3. フーディガルドガブ
  4. ブラガルドサンダ

 

【感想】

ついにORASシーズンが終わってしまいました。ORASでは初めてレート2000を達成し、2100目前までいくことができ、ポケモントレーナーとしてはめちゃくちゃ成長でしましたが人間としてはポケモンのせいで壊れていきました。 

新作情報はどんどんと公開されており、メガガルーラや混乱の弱体化などアンチ害悪の僕にとっては嬉しい仕様変更も多いです。

御三家の最終進化はどれも好みですが 、個人的には草選ぼうかな。草ゴーストいいですね。
f:id:watada0919:20161031143730j:image

次回作ではフェアリーが増えて悪タイプやドラゴンが動きづらくなりそうです。

ニド夫妻が環境に刺さりそうな気もします。先制技を無効にする特性も増え、ファイアローが大人しくなりフェアリーが暴れると考えると、メガフシギバナが暴れそうなのが怖いです。メガゲンガーも今より更に暴れそうですが、その辺りの調整についても期待ですね。サンムーン発売まであと約3週間!購入してさらに人間として壊れたいと思います。さらばORAS!

ここまで読んでくださった方、暇ですね!

それではサンムーンでまた会いましょう。

 

 

 

【ORASラストシーズン使用構築/願い事ヨガサイクルetc..】†ヨガブラガルド†弱い構築だけど楽しいです【最高193X】

「ORASラストシーズンこそは2100を」と意気込んでいましたが、色々な事情で9月はWi-Fi環境がゴミう●ちな実家に隔離されていたためこれ以上は伸びず、自暴自棄になって色々なパーティーを使って遊んでいた結果最終は1680くらいになってしまいました。本当に不甲斐ないです。今日は一応今シーズン最高レートに到達したパーティーを紹介します。暇な方は是非ご覧ください。


f:id:watada0919:20160913100332j:image

今回使用したパーティーはこちらです。なかなか気持ち悪い並びになっています。

【 キツいポケモン

ヒードラン

バシャーモ

ガブリアス

 ・ギルガルド

 ・グライオン 

マンムー

オニゴーリ

 などなど、欠陥だらけのパーティーです。

 

【個体紹介】



f:id:watada0919:20160913153934j:image

チャーレム@チャーレムナイト

特性 :ヨガパワー

性格:意地っ張り

 135-123(252)-125(236)-xx-95-103(20)→135-167-135-xx-105-123

ドレインパンチ/思念の頭突き/バレットパンチ/猫だまし

どっかの記事を参考にして作ったABメガチャーレム。記事が見つからなくてURLが貼れなくてすみません。

HPが少ないためドレパンの回復量がエグい。火力はドレパンでも十分に感じた。

猫だましの火力も素晴らしく、後続に残しておけば猫バレットで縛れる相手も多いため、HPが少なくなっても仕事ができる。

バシャーモに勝てるようにBに振ったが、フレドラ急所で落ちたり、フレドラ火傷、また珠オバヒが飛んできたりと、それほど安定はしなかった。

役割対象:格闘,悪タイプ全般、マンムーメガフシギバナマリルリニンフィアゲッコウガ、鉢巻以外のガブリアス、火傷,威嚇または麻痺の入ったメガガルーラなど

 


f:id:watada0919:20160913153947j:image

ブラッキー@残飯

特性: シンクロ

性格:穏やか

202(252)-xx-130-xx-200(252)-86(4) 

イカサマ/毒々/守る/願い事

この社畜トレーナーのCASを見て使いたくなったポケモンdorachan0910252’s diary

頭はおかしいがポケモンの腕は凄い。

ブラッキーの紹介記事ではよく見る言葉だが、まさにパーティーの潤滑油的存在だった。願い事からギルガルドチャーレムを復活させるのが強い。

役割対象:ゲンガー、サザン、ボルト、ガルド、ゲッコウガなどなどフェアリー以外の特殊全般。重いマンムーガブリアス ガルーラの削り、耐久系に毒を入れる。調子がいいときはバシャーモも倒せる。ギルガルドは剣舞聖剣や毒みがが多くて、ブラッキー1匹ではキツかった。

 


f:id:watada0919:20160913154003j:image

 ギルガルド@拘り鉢巻

特性:バトルスイッチ

性格:意地っ張り

167(252)-110(236)-170-xx-170-83(20)

シャドークロー/アイアンヘッド/聖なる剣/影うち

ギルガルド : 【サイクル重視】鉢巻ギルガルド - ポケモン育成論ORAS・XY - ポケモン徹底攻略

鉢巻ガルドの育成論ではシャドクロの枠が諸刃の頭突きだったが、シャドクロの方が一貫性が高く、安定性があり欲しい機会が多かったため変更。有利対面で一貫性の高い技を選択することで相手のサイクルを崩せた。願い事ブラッキーと非常に相性が良い。

役割対象:フェアリー勢、メガガルーラ(メガ)ゲンガーメガヘラクロスクレセリアなど。

 


f:id:watada0919:20160913154013j:image

ガブリアス@気合いの襷

特性:鮫肌

性格:陽気

183-182(252)-116(4)-xx-105-169(252)

逆鱗/地震/岩石封じ/剣の舞

特に説明不要の主人公ポケモン

受けループがキツすぎたため剣舞を採用。

最初はこの枠をマンムーにしていたが、あまりにもガモスリザドラン が重いためガブリアスに変更。その結果グライオンガブリアスがゲロゲロになった。

役割対象:ヒードラン、受けループ、ガブリアスと同速勝負、リザードンウルガモスなど炎タイプ全般。襷ガブリアスは多少相手と相性が悪くても最低限の仕事はしてくれるのでとても扱いやすかった。

 


f:id:watada0919:20160913154023j:image

ボルトロス@オボンの実

特性:†悪戯心†

性格:図太い

181(216)-xxx-133(252)-145-102(12)-135(28) 

※HBが個体値30のめざ氷個体

 ボルトチェンジ/目覚めるパワー(氷)/挑発/†電磁波†

ついにラストシーズンにして俺が手を出してしまったポケモン。アンチ害悪だけど、威張らなきゃ害悪じゃないよね??てか害悪対策のために入れてるだけだし(震え声)

しかしまぁ、悪気はないんだが†ボルト式猫だまし†がよく決まってしまった。

先制電磁波は本当に強い。

小さくなられても挑発は必中にしてください。

役割対象:メガボーマンダガブリアスファイアロー害悪全般、速い奴に麻痺入れる、水ポケモンの削りなど。

 


f:id:watada0919:20160913154036j:image

ウインディ@ゴツゴツメット 

特性:威嚇

性格:図太い

177(92)-xxx-143(240)-131(84)-103(24)-123(64)

※めざ岩理想個体

火炎放射、目覚めるパワー(岩)、鬼火、朝の日差し

 

このパーティーの地雷枠。アロー絶対倒すマン。意味があるのかないのかわからないが、一応HDアローが確2になるラインまでCに振った。鬼火が効かないのでHDアローであって も永遠に羽休めしかできないので負けることはない。めざパのPP増やしてもいいかもしれない。めざ岩がないと倒せない剣舞アローにも勝てる。

リザードンウルガモスには削り程度にしかならないので注意。

ギャラドスヒトムなどへの削りにも使えるので、アロー以外にも打つ機会はなかなかあった。

Sは準速ガッサ抜きまで振り、Dにはガルドのシャドボダメージを押さえるために、気持ちだけ振った。残りはHB。

パーティーでガブマンムーが重いため、威嚇で無理矢理地震を耐えて鬼火を入れる場面も多かった。

またメガクチートへの繰り出し性能は全ポケモンでNo.1説まである。

役割対象:ファイアローメガクチートキノガッサ、その他物理アタッカーに威嚇を撒き無理矢理鬼火を入れる。

地味にHDブラッキーとの相性も良かった。

 

【基本選出】

VSガルガブゲン

ボルトロス、ブラッキーギルガルド

 

VSガルガブアロー

ボルトロスウインディブラッキー

 

VSポリクチクレセ(ブルン)

チャーレムウインディブラッキー(ボルト)

 

 VSバシャナットサンダー

チャーレムボルトロスウインディ(ブラッキー)

 

VSヘラ(ガル)クレセドラン

チャーレムガブリアスギルガルド

クレセドランにはギルガルドヒードラン読み聖剣が決まれば勝てます。

 

VSヤドラキグライ

ボルトロスガブリアスブラッキー(チャーレム)

 

VSカバルカイリュー

ブラッキーギルガルドチャーレム(ボルトロス)

 

VSカバリザゲッコ

ブラッキーガブリアスチャーレム(ボルトロス

 

【感想】

ついにORASラストシーズンが終わってしまいましたね。ラストシーズンくらい2100を、最低でも2000はいきたかったですが、今シーズン終盤はいろいろあってちゃんとレートに潜れなかったのが残念でした。

ちゃんと潜れてても2000行けてたかは怪しかったですが…

サンムーンの情報もバンバン公開されて、いよいよ発売が待ち遠しいですね。では次回はサンムーンでお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

【S16最高レート2043/最終レート2027】ゴツゴツ筋肉女のマンマン構築

前シーズンに続いてレート2000を達成し、一応最高レートも更新したので簡単にですが構築記事書きます。
スマホの外カメラが壊れているため、レートの証拠画像はインカメで撮ったため画質が酷いですがご了承ください。
今回は前回のサメハダーのような珍しいポケモンはいないのですが、記事の最後に今シーズン使用して活躍した珍しいポケモンも紹介するので是非ご覧ください。


f:id:watada0919:20160719010221j:image
使用したパーティーはこちらです。
最近マンダマンムーに、使ってみたかったゴメツローブシンを突っ込んでみた感じです。
このパーティーの強みは持ち物の読まれにくさだったと個人的に思います。

f:id:watada0919:20160719004511j:image
f:id:watada0919:20160719004506j:image
上が最終レート、下が最高レートの証拠画像です。インカメ撮影のため画質が酷く、証拠が証拠となっていません。

【個体紹介】

僕の絵とともにご覧ください。
なお画力とインカメry

※()内...努力値 
【】内...個体値が31以外の場合参照

f:id:watada0919:20160719020752j:image


特性:威嚇➡スカイスキン

性格:意地っ張り

171(4)-205(252)-100-x-100-152(252)➡171-216-150-x-110-172

思考停止ASぶっぱ余りH


捨て身タックル/空元気/地震/龍の舞

古き良き意地ASメガマン
技構成も調整もこれが1番強いと個人的には思っている。
某有名実況者の影響でマンムーと組ませるとHDが警戒されているのか、マリルリニンフィア引いてくることはなく、捨て身で吹っ飛ばした。
メガマンはパーティーによっていろいろカスタムできて楽しい。
ただ唯一のメガ枠にしては選出しなかった。選出したら間違いなく強い。
パーティーで重いロトムがいる時に選出。めざ氷はキツい。
アローを出したいがどうしてもヒードランが邪魔な時や、マリルリアローが重いがミトムが出しにくい場合、糞親子ローブシン1体じゃキツいとき、とりあえずリザードンがいるときなどに選出。
体感選出率5位。


f:id:watada0919:20160719020804j:image

マンムー@突撃チョッキ

特性:厚い脂肪

性格:意地っ張り

185-187(156)-100-x-110(236)-115(116)

氷柱針/地震/叩き落とす/氷の礫

ADベースのチョッキマンムー
たぶん珠ボルトの気合い玉耐えるとかの調整。無振りボルトの気合い玉や草結びは2耐えしたりしてくれたため、比較的ボルトロスへの後出しは安定した。
基本的に、パーティーで重いボルトロスボーマンダグライオンが相手にいる場合に選出。
叩き落とすのおかげでポリ2とも殴りあえ、クレセにも良いダメージが入るのが良かった。
体感選出率は4位。



f:id:watada0919:20160719093316j:image


特性:鉄の拳

性格:腕白

211(244)-167(52)-149(164)-x-91(44)-66(4)


今回のパーティーの主役となる筋肉女
性別はもちろん♀でありキモい。
鉄の拳のおかげで火力も十分にあり、根性を警戒されるため鬼火もあまり飛んでこない。
いままで使ってきたゴツメ枠の中で、1番糞親子への勝率は高かったように感じた。
猫捨て身は耐え、鉢巻アローのブレバだって耐えるため、一時エッジを採用していたが、筋肉女アローに突っ張る場面があまりなく、パーティーでアローよりもガブリアスの方が重く感じたため冷パンに変更した。
ガブの逆鱗は鉢巻以外なら2耐えするため後出しからでも相撃ちは狙えるので、相手に糞親子がいないことがわかっている時は後出ししても良い。鉢巻は諦める。
基本的に相手の糞親子は初手に出てくるが、初手では出さず初手ミトムアローから、ゴツメダメージを稼ぐため筋肉女へ引くような使い方をしていた。
猫だましからきてくれた場合は爆アド、捨て身は2耐えできないがマッパで縛れる。
秘密の力でもドレインパンチを打つ余裕があるので勝てる。地震からこられるのが1番辛かったので、ガルドから筋肉女へ引くのはあまり安定しなかった。
糞親子には先にメガ進化したメガマンダかこいつがいないと勝てないため取り扱い注意。
体感選出率1位。


f:id:watada0919:20160719020830j:image

ファイアロー@ラムの実

特性:疾風の翼

性格:慎重

183(236)-102(4)-92(4)-x-133(252)-148(12)

ブレイブバード/挑発/鬼火/羽休め

鬼火を外さなければ最強のポケモン
役割対象はクレセリアポリ2、ゲンガー、オニゴーリメガクチート、メガフシギバナバシャーモなどなどなど、本当に小回りが効いて扱いやすい。
しかしメガゲンガーは、ブレバ2発で落ちない上にラムの実を持ってしてもヘド爆の毒や急所、さらには催眠連打されるとあまり安定せず、相撃ちになることが多かった。
パーティーで重いサンダースイクンにも鬼火羽休めで誤魔化したりできた。
ガルクレセでは初手に出し初手糞親子の猫だまし(願望)を誘って上述の筋肉女に交代しゴツメダメを稼ぐ、初手糞親子の場合は十中八九後ろのクレセリアに引いてくるので釣りだしアローを再び投げる。(三日月の舞をされたらゲームが終わる。)
そして挑発から鬼火を入れ、交代読みで糞親子やよく後ろにいるガブリアスに鬼火を入れて機能停止させるのが面白いほどよく決まった。
ヒードランがいるとこの戦法がやりにくいためボーマンダを選出することが多かった。
パーティーに同じ飛行枠のメガマンがいながらも選出率はメガマンを上回った。
大事なときに鬼火を外すときは本当に雑魚そのものだが体感選出率は2位。



f:id:watada0919:20160719020853j:image

ギルガルド@気合いの襷

特性:バトルスイッチ

性格:うっかりや

133【26】-70(4)【30】-170【30】-112(252)--153-112(252)➡133-170-70-222-63-112

シャドーボール/岩雪崩/めざめるパワー(氷)/影うち

プチ地雷枠の襷ギルガルド
両刀めざ氷理想個体がなかなかこなくて腹立ったためH個体値を妥協。襷だから特に困ることはなかった。
ガルガブゲンの並びに初手で出し、ガブをめざ氷で殺る役割。一応逆鱗を読めば後出しからでも狩れる。
ゲンガーも対面から倒せるが、道連れでもっていかれるのが辛かった。
パーティーで辛いメガボーマンダへの1つの回答でもあった。
糞親子に有効打がないため聖剣が死ぬほど欲しかったが、それ以上にガモスやリザYを襷で耐えて殺したい場面が多かったため岩雪崩を採用。
レート序盤は選出率1位にせまる勢いだったが、終盤になるにつれ不思議と選出できなかったため、体感の選出率は最下位となった。(実際はもっと高かったと思う)


f:id:watada0919:20160719020842j:image



特性:浮遊

性格:控えめ

157(252)-x-127-163(188)-127-115(68)

ハイドロポンプ/10万ボルト/ボルトチェンジ/トリック

上5体ではゲロ重いスイクンを倒すため採用。稀に10万を耐えられてミラコで殺されることもあったが、多くのスイクンを一撃で葬った。眼鏡はあまり警戒されず悠長に瞑想を積んでくるスイクンもいたが追いつかない。Sをある程度振っているため多くのスイクンの上をとれた。万が一上から瞑想されても素眠りまでもっていけば勝てる。
ボルトロスも眼鏡を警戒せずにほぼ突っ張ってくるため、数々のボルトロスを吹き飛ばした。
ファイアロー性能も申し分ないが、耐久が心もとないため鉢巻アローへなんども受けだしができないのが辛いところ。
パーティーで辛いメガボーマンダがいる場合も初手で出し、ボルチェンからマンムーに繋ぐことで礫で縛れた。
相手に糞親子カバルドンがいるときに初手で出し、相手の初手糞親子の攻撃に合わせ筋肉女を投げゴツメダメージを稼ぐ。そしてさらにカバルドン交代読みでこいつを釣り出しハイドロポンプを放つことにより、相手のパーティーは簡単に壊れていった。
80%という命中率以外はほんとに強かった。
Dに振ってダウンロード対策したい感はあった。
陰のMVPである。体感選出率3位。

【基本選出】

1.アロー+筋肉女+@
2.ミトム+筋肉女+@
3.ギルガルド+筋肉女+@


【おまけ】

最終的なパーティーにはいなかったものの、今シーズンレートで使用しそこそこ活躍してくれたポケモンを2体紹介します。


f:id:watada0919:20160719170638j:image
1匹目、エーフィ@達人の帯

特性:マジックミラー

性格:控えめ

152(94)-x-81(4)-199(248)-115-151(164)


サイコショック/シャドーボール/めざめるパワー(地)/瞑想

これは自分で考えた、わりと自信を持った調整なので詳しく書きます。

C ...ショックで無振りメガヘラ確1
     H振りメガヘラ84.6~103.7%のダメージ
     H180D4メガヘラ89.9~109.0%のダメージ
     瞑想2積みでB振りラッキー確2
    1積みでD特化メガバナでも確1 

    シャドボでH振りクレセ乱2
    1積みでH振りヤドラン確1

    めざ地でH振りヒードラン86.9~104.0%の       ダメージ

S...最速ヘラ抜き

H...地球投げ3耐え

ヒップラインのエロさがとんでもなく、俺をあと1歩でケモナーの世界へ踏み込ませてしまいそうな魅力があるポケモン。見た目がとても好き。
環境に蔓延するヘラクレセドランや受けループへの役割に特化した技構成と調整。
選出できると役割にはとにかく刺さる。
ヘラクレセドランや受けルが嫌いな人達へ、おまけに対害悪性能も備えているオススメのポケモン


f:id:watada0919:20160719170710j:image
2匹目、ルチャブル@オボンの実

特性:柔軟

性格:陽気

184(244)-112-95-x-89(44)-182(220)

クロバット/身代わり/毒々/羽休め

H...身代わり2回でオボン発動のため2n

S...最速ジャローダ抜き

D...余り

最初のマンダマンムーの絵と比べると絵心の成長が伺える。
そしてどうして格闘タイプはこうしてヘンタイっぽくなってしまうのか。

ルチャブルの強みである格闘+飛行という広い技範囲をあえて消すという目茶苦茶な型。
1ウエポンのためフライングプレスという技の採用も考えたがゴーストに透かされるのは厳しいため採用を見送った。
相手の糞親子はまず格闘技を切っていることを考えてこないので身代わりを貼り、受けにくるポケモンを毒羽でハメていく。吹き飛ばしのないカバルドンはカモ。(岩封を身代わりが耐える。)一応格闘技を警戒して、エアームドギルガルド以外の鋼は呼ばないので毒が入りやすい点もGood.
特性柔軟の理由は、電磁波を打って捨ててくるボルトロスの電磁波を透かし身代わりを貼って起点にできる可能性を増やすため。またジャローダへの後出しを安定させるためである。
1度使ってみる価値はあると思う。

【終わりに】

ここまで見てくださった方々ありがとうございました。今シーズンは前シーズンに比べて少し面白味に欠けるパーティーだったため、下劣な構築名と【おまけ】で誤魔化しました。
次シーズンはもう少し面白味のあるパーティーで次なる壁、2100を目指そうと思います。


【S15最高/最終レート2014】バシャナットサ(メハ)ンダー【対面サイクル】

はじめましてザクリッチと申します。
今回初めてレート2000を達成しました。
そして初めて構築記事を、というかブログそのものを初めて書きました。
いろいろと雑な部分や醜い部分があると思いますが大目に見てくださいm(__)m
使用したパーティーはこちらです。


f:id:watada0919:20160514013202j:image

いわゆるバシャナットサンダーという有名なサイクル構築に、サイクルには一切向かないサメハダーとうポケモンをいれてみました。
ところがこのポケモンがめちゃくちゃいい仕事をするんです!それでは個体を紹介します。

【個体紹介】



    

f:id:watada0919:20160515141055j:image

特性 かそく

性格 ひかえめ

145-×-60-161(252)-61(4)-147(252)


CSぶっぱ
余りDでダウンロード対策

今回のパーティーの主役&MVP。
環境に蔓延しているガブガルゲンバシャーモ(ファイアロー)ボルトスイクンのようなテンプレパーティーにとにかく刺さっていた。
クレセドランにも弱くない。(悪波でクレセを半分も削れないのはご愛嬌)
守るを切って3ウエポンにすることで初手で出てくるガブリアスゲンガー,バシャーモファイアローなどタイマンで勝てるポケモンが増え、+道連れでもう1体もっていけるというポテンシャルを持っている。
守る読みで相手が変化技打ってくることも多くアドがとれた。
実際は2体目に出てくるポケモンは道連れを警戒し変化技を打ってくることが多かったため、2体目を半分ほど削って退場というケースが多かった。
メガガルーラやメガへラクロスメガクチートなども道連れで強引に持っていけるのが強かった。加速は神特性。選出率2位。


        


          f:id:watada0919:20160515141033j:image

特性 もうか➡かそく

性格 いじっぱり

161(44)-189(252)-91(4)-×-92(12)-125(196)161-233-101-×-102-145

とびひざげり/フレアドライブ/いわなだれ/まもる

A-ぶっぱ
S-メガ加速後メガジュカイン,メガスピアー抜き
BD-ダウンロード対策
余りH

唯一のメガ技。スイクンを飛び膝で2発でもっていく頭がおかしい火力を誇る。
特性はトレース対策でメガ前は猛火。
メガジュカインメガスピアーはレートでほとんど見ることがないためSのラインをもう少し下げてもいいかもしれないがここまで振っておくことで安心感を得た。
岩雪崩はそれほど打たないため剣舞なんかに変えてもいいかもしれないが、交代読みでアローギャラドスに刺さることは度々あった。リザードンにも強くでられ、ゴツメや反動ダメを食らいたくないときにも打てるため、個人的にこの枠は岩雪崩で落ち着いた。
サメハダーで1体+2体目の4割ほど削り、こいつで2タテというのが1つの勝ちパターンだった。加速兄弟強い。
膝芸人はあまりしない偉い子。選出率はサメハダーと同率2位。


f:id:watada0919:20160514121929j:image
ナットレイ@たべのこし

特性 てつのとげ

性格 のんき

181(252)-116(12)-187(148)-×-148(92)-22(個体値0)

ジャイロボール/タネマシンガン/まもる/やどりぎのタネ

HB-鉢巻ガブリアス地震乱2(残飯と守るで耐える),特化キノガッサマッハパンチを確3,ゲッコウガの珠けたぐり確定耐え

HD-特化眼鏡ニンフィアハイパーボイス乱3,ゲンガーの珠気合い玉確定耐え

A-ジャイロボールでガブリアス乱2,タネマシンガンで特化スイクンに17.4~58.0

S-ジャイロボールを最大火力にするため最遅

調整参考記事

このPTで唯一フェアリーに後投げできる枠。
ジャイロボールは最遅のためなかなかの火力がでた。相手の電磁波は積み技(痺れながら)
タネマシンガンは、パワーウィップの命中を信頼していないのと相手のゴツメを避けられ、グライオンスイクンの身代わりを貫通,そして襷マンムーを5発当てれば倒しきれるため採用。
しかし彼が襷マンムーに5発当てることは1度もなかった。
体力が赤まで減ろうと、交代読み宿り木が決まったりするとすぐに緑まで復活する鉄ゾンビ。
フェアリーやクレセリアの処理を一任するため若干過労死していた。
縮小ピクシーをジャイロボール急所で殺したり、2000チャレンジでラス1宿り木の入った剣舞ガブリアスに2連守るを決めて倒したり、ここぞというところで自覚を発揮するところが素晴らしかった。選出率1位。


  f:id:watada0919:20160514121944j:image
サンダー@たつじんのおび


性格 ひかえめ

197(252)-x-120(120)-165(36)-123(100)-118(個体値26)

ボルトチェンジ/ねっぷう/めざめるパワー(氷)/はねやすめ

HB-マリルリの腹太鼓アクジェを高乱数耐え,メガルカリオインファイト+冷凍パンチを最高乱数以外耐え

C-熱風でメガルカリオ確1,ボルチェンでオボン発動後のマリルリ確1,めざ氷で無振りガブリアス,メガボーマンダ高乱1

HD-ゲッコウガの珠冷凍ビームを高乱数耐え

ポケモンパンを食べスクラップを集めて厳選した静電気サンダー。こういう所がポケモンは金儲けがうまい。
図太いを狙っていたが控えめの良い個体がきたため採用。Sを妥協しているため、Sに努力値を割かずにどうにか控えめが生きる育成案を検索し育成したはずだが、今探してもこの育成案が見つからなかった。
Sは相手のサンダーと対面した場合にほぼ確実に後攻ボルチェンが決まったりするので、特にS個体値26に不満は感じなかった。
有利な相手に後投げしてボルチェンで更なる有利対面を作るのが仕事。
サンダーの熱風は耐えられるとみて積んでくるメガルカリオを熱風で葬るのが気持ちいい。
腹太鼓マリルリのアクジェもほぼ耐え,ボルチェンで倒せるためマリルリにも後投げが安定する。メガボーマンダの捨て身やガブリアス地震を読んで後投げもできるが、逆鱗は2耐えしないので注意。万が一逆鱗をされてもワンチャン麻痺が入るところが静電気の強みではある。
実際はわりとどうでもいいところで静電気を発動させていたが、イカサマを打ってくる糞鍵なんかに麻痺が入るのは強いと思った。
選出率4位。



f:id:watada0919:20160515141212j:image
カイリュー@こだわりハチマキ

特性 マルチスケイル

性格 いじっぱり

191(196)-198(204)-116(4)-x-126(44)-108(60)

げきりん/じしん/しんそく/ほのおのパンチ

A-特化スイクン確2クレセリア乱2

HD-ゲッコウガの珠冷Bをほぼ耐え

S4-振りロトム抜き

余り-B

おそらくテンプレのHAベースの鉢巻カイリュー。パーティーで辛いローブシンバシャーモ、メガフシギバナやメガリザードンを吹き飛ばすために採用。
このPTには他に先制技持ちがいないため神速は非常に重宝した。ステロ込みでファイアローを持っていけたり、耐久に振っていないポケモンはほとんどステロ+神速2発で持っていけるのが強かった。
紙耐久には神速、高耐久には逆鱗で無理矢理吹き飛ばす機械だった。
鉄の刺+命の珠のダメージしか受けていないゲッコウガを神速で一撃で持っていったのには驚いた。選出率は最下位ながらも欠かせない存在だった。


f:id:watada0919:20160514123341j:image
ドサイドン@ゴメゴツメット 

特性 ハードロック

性格 いじっぱり
 
207(132)-192(118)-182(252)-x-76(4)-61(4)

じしん/ロックブラスト/れいとうパンチ/ステルスロック

A-ほとんどのメガガルーラ地震で確2,冷凍パンチで無振りガブリアス確1


余りDS

調整参考記事

このPTで比較的重い、ファイアローメガリザードンX、メガボーマンダメガガルーラ脳筋猫捨て身を牽制する駒。ステロを巻くことができ電気技の一貫を切ることができるゴツメ枠として採用。
対面からならガブリアスバシャーモを確実に倒すことができ、一応ガブリアスの強化なし地震も2耐え、メガバシャーモフレドラ+飛び膝も乱数で耐えるため後だしから倒すのも不可能ではない。
物理耐久は申し分ないが、HDにそれほど割いていないためメガガルーラの冷B2発で乱数で落ちたり、電気タイプのめざ氷でそこそこ削られてしまうのが辛いところだった。
あまりいないがメガガルーラのグロパン+地震を耐えたり、もう少し特殊耐久に安心感が欲しい場合は腕白HBにすると良いが、火力がしょっぱいため意地っ張りを採用。
メガガルーラサメハダーが対面した場合猫だまし読みで繰り出すが、読まれて地震や冷Bを打たれる場面が多かった。選出率は5位。

【基本選出】

1.サメバシャ+他4体で刺さってるポケモン
2.バシャナットサンダー
3.サメナットサンダーorドサイ
4.カイリュードサイ+他4体
5.ドサイサンダーバシャorカイリュー(VS受けル)

ここまで見てくれた方々ありがとうございました。

僕はアンチ害悪、アンチメガガルーラなので、なるべくその類いのポケモンは使わずに高レートを目指しています。

11月に発売予定の新作での害悪チ○カスポケモンの弱体化を切に願っています。

今回は初めての2000到達ということで2000到達した時点でレートに潜るのをやめました。
来シーズンからは2100目指してがんばります。

ご意見あればTwitter
@pinogashira ⬅まで

フォローも歓迎してます。